お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

トピックパス

ホーム> お料理の先生インタビュー

お料理の先生インタビュー

 

料理研究家・宮崎美恵子先生は、相模原市で料理教室を主宰し一般の方はもちろん在宅栄養士さんや障害を持つ方への栄養指導を長年にわたり実施し地域の健康増進に貢献されてきました。 「しっかりだし」「さっぱりだし」を使って頂き、だしにまつわるお話を伺いました。

宮崎美恵子先生インタビュー

宮崎先生
宮崎 美恵子
(みやざき みえこ)

■プロフィール
女子栄養大学卒業
神奈川県相模原市で料理教室を主宰
(社)環境情報科学センター主催 エコクッキングコンテスト審査員
環境省主催「エコライフ100人の誓いキャンペーン」推進委員
障害者への料理指導で相模原市市長賞受賞
在宅栄養士の料理指導
レストラン・サービスエリア等のメニュー監修

おいしいおだしを取ること−−そこからお料理は始まります。

お料理の基本は、美味しいおだしを取ることからはじまります。深い味わいのあるおだしは、美味しいお料理を生み出します。
そして、それぞれのお料理にふさわしいおだしを使うことが大切です。いいおだしはお料理を作るものにとって力強い味方です。なぜなら、美味しいおだしが取れると、そこから料理のアイデアや意欲がどんどんわいてくるからです。

だしパックはエコにつながります。

お料理を作るとき、環境に配慮することも大切です。お買い物に始まり、お料理、お片付けまでの流れの中で、食材を無駄なく使い、ゴミを減らすための工夫が必要です。それは、(社)環境情報科学センター主催のエコ・クッキングコンテストの審査経験を通して実感して来たことでもあります。 だしパックは捨てる材料が最小限に済みますから、環境にやさしく、エコにつながります。

本格的なおだしを手軽に

本物のおだしを取るには手間と時間がかかります。昆布を一晩水につけて、煮て、煮立つ前に昆布を取出し、沸いた所へかつお節
を入れて作ります。私たち料理研究家は、そういっただし取りを日々コツコツやっているわけですが、しっかりだしとさっぱりだしのよ
うな便利で手軽な美味しいだしパックに出会えてとても感激しました。嫁にも紹介しましたら、「こんなに簡単に美味しく出来るなんて
…」と大喜びでした。

<ワンポイントレシピ・そばつゆのだし>

さっぱりだしを使います。
みりん1:しょうゆ1:だし汁4の割合
みりんを鍋に入れ、3分ほど煮立て、アルコールを飛ばす。弱火にしてしょうゆをいれる。(この時、しょうゆを煮過ぎないように注意)その後すぐにさっぱりだしで取っただし汁を入れて完成!薬味はおろししょうがと刻んだ青ねぎでシンプルに。おそばの他そうめんやうどんでもOK。 多めに作って4〜5日冷蔵庫に保存しておくと便利です。しょうゆ、みりんは寝かせるとまろやかになるのでよりおいしくなります。

宮崎先生には他に、しっかりだしでお吸い物・茶碗蒸し・野菜の煮物を、さっぱりだしで、そばつゆの他・豚汁などを作っていただきました。どれもおいしく出来て、ご満足いただいております。

ページトップへ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
201712
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
20181
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 今日    休業日    イベント 

インフォメーション

プライバシーマーク プライバシーマーク制度に基づき、個人情報を安全に管理しています。